JAVA開発環境の構築 (eclipse+tomcat+MySQL) WebTech by BoxBoost
ウェブテック ボックスブースト [激安販売 段ボール工場直販サイト](05/11/13更新)
ウェブテック [技術を実践 IT学習の補助サイト](06/09/04更新)
タウンストロール [身近に発見 大阪の史跡の散策情報](06/09/22更新)
powered by BoxBoost
テーマの選択
左のプルダウンメニューよりテーマを選択し、ボタンをクリックしてください。ただし、内容に関しての責任は一切負いません。

JAVA開発環境(eclipse+tomcat+mysql)の構築
eclipse+tomcat+MySQL

WindouwsXP上に、オープンソース系のソフトを使用した、開発環境を構築します。
開発環境の構築の手順として、以下のプロセスで説明します。
  1. Java言語の解凍、登録(JDK) 現在のページ
  2. プログラム開発ソフトの解凍、設定(eclipse)
  3. サーバーソフトの解凍、設定(tomcat)
  4. プログラムの機能拡張(eclipse)
  5. SQLサーバーソフトのインストール、設定(MySQL)
1.Java言語の解凍、登録(JDK)
[ダウンロード先] Java Technology
トップページの右にソフトの一覧があり、「J2SE5.0(日本語)」をクリック。
netBeansを含まない、その下の「JDKのダウンロード」をクリック。
License(利用規約)に対して「Accept」をクリック。
「Windows Platform」の2項目のうち、上の方をクリック
「保存」を選択の後、保存場所を指定してダウンロードが始まります。
JDKの設置
ダウンロードファイルをダブルクリックするとインストールが始まります。完了後、「C:\Program Files\Java」に「jdk1.5.0_04」というフォルダができます。このフォルダの名前を「jdk1.5.0」に変更し、「C:\」に移します。
環境変数の設定
「スタート」メニューの中の「マイ コンピュータ」上で右クリックし、一番下の「プロパティ」をクリックします。「システムのプロパティ」の中のタブの「詳細設定」をクリックします。「起動と回復」の下にある「環境変数」をクリックします。「環境変数」の「システム環境変数」の中の「変数」欄に「Path」を探し、それをダブルクリックします。「システム変数の編集」の中の「変数値」の内容の一番最後に、「;C:\jdk1.5.0\bin」を追加します。
[備 考]
「SDKの設置」でフォルダ名を変更するのは、小さいバージョンアップ時に、フォルダの入れ替えで作業が済むようにするためです。
SDKフォルダは、「C:\」に移す必要はないですが、管理する上での好みと思います。

次のページ

(1)JDK  (2)eclipse  (3)tomcat  (4)機能拡張  
(5)MySQL


会社概要    会社沿革    運営方針    ご意見・ご感想
(株)ボックスブーストが提供するIT技術の解説サイト
Copyright(C)2000-2006 BoxBoost corporation All right reserved
ここに掲載されている記事・写真・図表等の無断転載を禁じます。
また、同業者(段ボール、包装事業者を含む)の利用を禁じます。


楽天で探す
ショッピング









SSL暗号化証明 SSL グローバルサインのサイトシール
当サイトは、SSL認証を取得済み。