Linuxサーバーの構築 (eclipse+tomcat+MySQL) WebTech by BoxBoost
ウェブテック ボックスブースト [激安販売 段ボール工場直販サイト](05/11/13更新)
ウェブテック [技術を実践 IT学習の補助サイト](06/09/04更新)
タウンストロール [身近に発見 大阪の史跡の散策情報](06/09/22更新)
powered by BoxBoost
テーマの選択
左のプルダウンメニューよりテーマを選択し、ボタンをクリックしてください。ただし、内容に関しての責任は一切負いません。
Linuxサーバーの構築
tomcat+Apache(SSL)+postfix

  1. ソフトウェアRAID(FCのインストール)
  2. WEBアプリサーバー(J2SDK + Tomcat)
  3. SSLとホームページサーバー(OpenSSL + Apache)
  4. SMTPサーバー(Postfix) 現在のページ
4.SMTPサーバー(Postfix)
  [Postfixのダウンロード]
RPMパッケージからインストールしても良いのですが、常に最新のものを使えるように、ソースコードからのインストールと設定をします。PostfixのHPから、Postfixのソースコードを「/usr/local/src」にダウンロードします。Postfix-2.2.10.tar.gz
  [Postfixのインストールと設定]
OSインストールのときに、「sendmail」が含まれるときがありますので、削除します。
# /etc/rc.d/init.d/sendmail stop  sendmailを止める
# rpm -e sendmail  sendmailを削除
Postfixのインストール
# cd /usr/local/src  ダウンロードファイルのあるところに移動
# groupadd -r postdrop  *rpmで一度入れると、すでに作られているかも。
# useradd -M -u 25 -s /bin/false postfix
   *「-M」はホームディレクトリなし、「-u 」はユーザー番号の指定など。
# tar zxvf postfix-2.2.10.tar.gz
# cd postfix-2.2.10
# make
# make install  *途中の質問はすべて「Enter」。
# vi /etc/postfix/main.cf
    左は行数ですが、バージョンにより変わります。
  68::myhostname=〜  76::mydomain=〜  
  92::myorigin=$mydomain  @以降の送信元アドレスになる
  106::inet_interfaces=all  DMZをされる方は必ずアドレスを指定
  154::mydestination=$myhostname , localhost.$mydomain , $mydomain
  253::mynetworks=192.168.0.0/24 , 127.0.0.0/8  当然、環境に合わせて!
  375::alias_maps=hash:/etc/postfix/aliases
  386::alias_database=hash:/etc/postfix/aliases
#postalias /etc/postfix/aliases
# ls -l /etc/postfix/  aliases.db を確認!
# vi /etc/postfix/master.cf  77行目から chrootを設定
# ls -l /usr/local/src/postfix-2.2.10/examples/chroot-setup/LINUX2
# chmod u+x /usr/local/src/postfix-2.2.10/examples/chroot-setup/LINUX2
# /usr/local/src/postfix-2.2.10/examples/chroot-setup/LINUX2
    is not running でも処理は完了
#postfix start
# netstat -natp | grep 25  LISTENを確認!
  [Postfixの自動起動]
rpmパッケージに含まれるソースを利用する。
# cd /usr/local/src
# rpm2cpio postfix-2.2.10.i386.rpm | cpio -id '*init.d*'
# ls etc/rc.d/init.d  postfix を確認!
# mv etc/rc.d/init.d/postfix etc/rc.d/init.d/
# chkconfig --add postfix
# chkconfig --list | grep postfix  2〜5がオン を確認!
  [Postfixの運用]
ダミーシェルを指定したユーザーを作り、パスを設定
#useradd -s /bin/false aaa
#passwd aaa
サイズの制限
# vi /etc/postfix/main.cf
    mailbox_size_limit=1048576  メールボックスを10Mb以下に
    message_size_limit=10485760 メールサイズを10Mb以下に
  他に、ユーザーごとにクォータを使い、ハードディスクを制限する方法もあり。

戻   る

(1)RAID  (2)WEBアプリ  (3)SSL  (4)SMTP



会社概要    会社沿革    運営方針    ご意見・ご感想
(株)ボックスブーストが提供するIT技術の解説サイト
Copyright(C)2000-2006 BoxBoost corporation All right reserved
ここに掲載されている記事・写真・図表等の無断転載を禁じます。
また、同業者(段ボール、包装事業者を含む)の利用を禁じます。


楽天で探す
ショッピング









SSL暗号化証明 SSL グローバルサインのサイトシール
当サイトは、SSL認証を取得済み。